婚約指輪と結納の流れ

婚約指輪の相場は、30万円前後とも言われています。

平均の価格をとっての価格ですから、これよりも高額の婚約指輪を購入している男性もいれば、もっとカジュアルな価格で婚約指輪を購入している人もいるでしょう。

婚約指輪は男性が購入するもの。

結婚指輪はカップルがお互いのリングを買って交換するケースもあります。

男性が婚約指輪を購入するとはいえ、婚約指輪に対するお返しを女性側が行うことで、お互いに記念品を交換して婚約の記念にするという考え方です。

現実的なことを言えば、結婚指輪は結婚式に「指輪の交換」というセレモニーがあるため、結婚式にあわせて準備をするというカップルが大半。

婚約指輪はと言えば、そもそも贈らなかったというカップルもいますし、特に贈らなければならないという性質のものではないのです。

省略してしまうという選択肢もあります。

しかし、結婚に際して正式に結納を行う場合や、略式でも家族の顔合わせの食事会などを行うことが多く、その際には記念品の交換としてさまざまな贈り物をするのが習慣です。

きちんとした段取りを踏んで結婚式まで行いたいと考えるご家族がいる場合には、結納や食事会までに女性側に婚約指輪を贈り、それに対するお返しの記念品を当日いただくというのが、流れとしてはすっきりします。

結婚はカップル2人だけでの問題ではなく、両家が親族として今後も末永く幸せにやっていくための手続きの意味もあります。

《関連LINK・・・>>>婚約指輪の秘密解明

最初から躓かないように、マナーを守って進めていくことも必要です。

婚約指輪をいただいたら、家族に相談しながら結納や食事会、お返しの品を選ぶといった手順を進めていくようにするのが一般的です。